ポケットティッシュの宣伝効果

ポケットティッシュの宣伝効果

ポケットティッシュは繁華街の街頭や店舗で配布されているケースが多いです。多くは広告を目的にしていますが、実際にポケットティッシュを受け取って広告を参考にする人も多いです。チェックして買い物やサービスを利用するシーンを見かけます。そんな広告を気にしないで利用する人もいます。実際のところ、宣伝広告効果は本当にあるのでしょうか?
 
■ポケットティッシュを見るたびに宣伝広告を見るので無意識の間に記憶される効果があります。
 
出先はもちろんのこと、自宅でも使用できます。誰にとっても共通して利用できるのがポケットティッシュの特徴です。受け取っても、そのまま捨てる人はいません。その場で鞄に入れて日常的に使う場合もあります。保存しておいて、後日使うこともあるでしょう。
 
使う時に無意識のうちにパッケージに記載されている宣伝広告が目に入ります。これは宣伝広告効果が持続できるメリットがあります。カバー部分の仕様によっても異なります。ビニールそのものに印刷されているような種類もあります。また、宣伝広告の用紙が内側に入れられているタイプもあります。
 
いずれの場合も簡単に広告部分をはずせません。ポケットティッシュを利用するときに、必ず目に止まります。直接販売促進効果があるかは別として、会社名やどういった宣伝広告なのかは無意識に分かります。宣伝広告効果はゼロとは言えません。
 
■誰でも受け取ってもらいやすい特徴があるポケットティッシュ
 
万人に受け取ってもらいやすい……これは宣伝広告効果が高いひとつの理由です。誰にとっても生活必需品です。一日生活をしていてティッシュを1枚も使わないことは、ほとんどないでしょう。日常的に使用するのがボックスタイプのティッシュでも、ポケットティッシュならば外出先で利用できます。室内でも使えますから無料でいただけたら「ラッキー」と思ってくれます。タダだから、消費することを気にせず使え、そのポケットティッシュは好意的に受け止めます。
 
手渡しできるのも大きなメリットです。今はインターネットやテレビが中心になっていますから、手渡しができる宣伝広告媒体は少なくなっています。広告の内容は別として、ポケットティッシュが欲しいから受け取る人は少数派ではありません。
 
目的がポケットティッシュをもらうことであっても同時に広告も受け取ってくれるのです。インターネットの場合の広告は、見過ごされてしまうケースも多いです。それに比べて、受け取ってもらって人の手の上で目に映る宣伝広告は、現代社会では珍しくなります。
 
■確実に狙ったターゲットにピンポイントで渡せます!
 
広告を目的にしてポケットティッシュを配る場合には、確実に相手を判断して渡せます。場所・時間帯・人を選別して渡せるのです。女性をターゲットにした宣伝広告ならば、配布を依頼したスタッフに女性限定で渡すように指示を出せばいいです。無駄にポケットティッシュを消費することはありません。コストパフォーマンスの良い戦略がとれます。
 
男性会社員をターゲットにしたい宣伝広告ならば、ビジネス街にスタッフを配置します。時間帯で狙うのは出社前の時間帯や昼食時の時間帯。または退社時間周辺を狙うとたくさんの方々に配布できる確率が高まります。
 
もっとマクロな考え方もできます。関東エリア・関西エリアなどに限定したり、街中だったり、駅前だったりもできます。宣伝広告には誰に見て貰いたいというターゲットは存在します。そのターゲット層が頻繁に出現するタイミングでスタッフに仕事をしてもらえばいいのです。ピンポイントでターゲットを絞れるのは、テレビでもインターネットでもできないことです。
 
ポケットティッシュを使っての宣伝広告戦略はコストパフォーマンスが高いのです。原価は1個あたりが3円から8円が普通です。アルバイトを雇用して1時間から2時間程度配布してもらっても、さほどの負担にはなりません。いろいろな面からみても優秀な宣伝広告ツールであることがわかります。

激安ポケットティッシュ

オリジナルティッシュ

ノベルティ・ティッシュ