ポケットティッシュの宣伝効果

ポケットティッシュを販売促進ツールとして活用するには、どのようなメリットがあるの?

■1番目のメリットは「低コストであること」です。
宣伝広告を考える場合にコスト面は見逃せない部分です。コストをかけても宣伝広告で増えた利益が小さければどうでしょうか?小さければ小さいほど赤字になる可能性がでてきます。
 
販売促進品を使った宣伝広告は、できるだけコストパフォーマンスが高いものを選ぶことが肝要です。そういった面で考えてもポケットティッシュは優れています。とても原価が安いし大量に購入ができます。同じコストをかける宣伝広告媒体でも看板を考えた場合、用意できる個数はかなり少なくなります。たくさんの方々にみていただくスペースが確保できないかもしれません。
 
金銭面の負担をできるだけ少なくして、ひとりでも多くの方々に宣伝広告をみていただきたいならば低コストであることは大事です。日常的にポケットティッシュならば利用できますから、その宣伝広告に関心がなくても、もらっておこうと考えます。看板で訴求しようとしても興味を持っていない人は見てくれません。人の目に触れやすいことを意識したら、ポケットティッシュはとてもコストパフォーマンスが高いです。
 
■2番目のメリットは「大量に配布できること」です。
大量に配布しやすいですから、宣伝広告を見てくれる人が増えることになりますので、確実な宣伝広告が期待できます。例えば、チラシなどの広告を配布するケースを考えてみるとわかりやすいです。なかなか手に取ってもらうことは簡単でありません。
 
しかし、他の目的で使用できるものが一緒になっていれば話は別。もらってくれるチャンスは格段に増えます。ポケットティッシュは何度もわけて使います。宣伝広告が何回も目に止まります。これも宣伝広告が高まる要因になっているのです。
 
宣伝広告を大量に配布したいならば、その販促品がかさばったり重かったりすると無理があります。持ち運びにもこまります。移動するだけで大変です。ポケットティッシュは、重さが軽いですし、大量に運ぶことも平気です。
 
広報活動の手間が減少することが大事ですが、ポケットティッシュはそれを実現できます。広告の補充の回数も減るのは一度の大量に持ち運べるからです。いろいろな地域に大量に広告を持ち運ぶときに威力を発揮します。多くの広告を配れば配るほど宣伝広告戦略としては成功なのです。
 
■3番目のメリットは「自由にパッケージデザインができること」です。
 
印刷したペーパーをポケットティッシュに入れるだけで宣伝広告内容を変更できます。通年で利用できるタイプとキャンペーンなど期間限定のものを用意しておけばいいです。無地のポケットティッシュに入れるだけで、簡単に宣伝広告の内容を変更できます。
 
直接ポケットティッシュに印刷する場合は、特別に袋が必要になります。コストパフォーマンス面では欠点があります。しかし、宣伝広告効果は高いのです。ペーパーだけを交換する方法とくらべると、袋全治の色が変わります。たくさん方々の目に止まりやすいです。
 
このように交換できるペーパーを使った戦略と直接包装に印刷する戦略とは、宣伝広告効果もコストも違います。バリエーションを持たせたほうがアピール度は違ってきます。シチュエーションに応じて、いろいろな宣伝広告を試してみるといいでしょう。